オールインワンは苦手?シミウスのデメリットはこんなところ!

メリットばかりで、デメリットのない化粧品なんて存在しませんよね。
肌の細胞の新陳代謝を活発にしてシミをどんどん薄くしちゃうシミウスにも、もちろんデメリットはあります。

今回は、そんなシミウスのデメリットを探してきました!

★オールインワンが苦手!乾燥肌には向いていない??

シミウスはワンステップでスキンケアが完了する「オールインワンタイプ」の化粧品。

でもこのオールインワンは、化粧水、乳液、美容液、クリームなどのシリーズで販売されている化粧品よりも「乾燥しやすい」「保湿力が足りない」と苦手に思う人も多いんですよね。

確かにオールインワンジェルは重すぎると成分が肌に入って行きにくくなるし、軽すぎると肌から水分が逃げちゃうので配合バランスも難しいところ。

このオールインワンならではの「不安感」が最大のデメリットだと思います。

さっぱり好きの人にはオールインワンは向いていると思いますが、どちらかといえば肌がペタペタ枕に張り付くほど保湿力が高いものを好んで使っている人にはやはり物足りなく、苦手に感じるかもしれませんね。

ただ、これは実際のところシミウスの保湿力が足りないわけではなく使用感の好みの問題。

シミウスにはしっかりと保湿成分が配合されているので、実際に肌の内部が乾燥しているわけではないんですよね。

サッパリとケアが終わってしまうので、「ちゃんと保湿できているのかな…」と不安になってしまっているだけかもしれません。

オールインワンは慣れてしまえばこっちのもの!と言われるものなので、慣れてしまえばあまりの楽チンさに病みつきになってしまうかもしれません。

乾燥しやすいイメージのオールインワンですが、シミウスのたっぷりの保湿力で苦手意識を克服出来ちゃうかもしれませんよ♪

★シミウスでマッサージが気持ちいい!

シミウスを購入してみて、「やっぱり保湿力が足りないからこれだけじゃあ不安だな」と思ってしまった人は、シミウスを「マッサージジェル」として使ってみてください。

お風呂上りに化粧水→シミウスでマッサージ→乳液やクリームなどの順番で使ってみると、肌にスーッと馴染んで有効成分も浸透しやすくなってくれるのでとっても役に立つアイテムとなります。

夏場にはシミウスを冷蔵庫などで冷やしておけば、塗った瞬間ヒヤッとしたジェルがとっても気持ちよく、毛穴もしまって一石二鳥!

オールインワンジェルが苦手!という人はマッサージジェルとしてシミウスを試してみてもいいと思いますよ♪

 

公式サイトはこちら!

シミウス

https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ